【頭空っぽにしたい人へ】まるで昔のバラエティ!車ドカーンが見られる新番組!!

amazon1

イライラした時、悲しいことがあった時、頭の中を整理したい時……。
「あー! 頭の中を空っぽにしたい!」こんな風に思ったことはないだろうか?

この番組、危険しかない……?自動車ファンも必見!新感覚バラエティ『戦闘車』

最近では、『マッドマックス』や『ワイルド・スピード』の爆音上映会など、映画館で「ひたすら頭を空っぽにして映像を見たいという需要」が増えている。

そう、「頭を空っぽにする」ことと、上記作品のような「とにかく激しいアクションを見ること」は、相性抜群なのだ。
そこで、「今すぐ頭を空っぽにしたい!」という方にオススメなのが、10月6日よりAmazonプライム・ビデオで放送が開始される、オリジナル・バラエティシリーズの『戦闘車』である。

amazon2

この番組は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の“戦闘車”に乗り込み、様々な試合に挑むという、今までにない全く新しい自動車合戦バラエティ番組。
空前の“デンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)”である。

“Amazonプライム・ビデオといえば”でもはや定着しつつある、“ここでしか見ることが出来ないような新しい作品”、特に今回のような“地上波では放送出来ないような過激な内容”は、まさに「頭を空っぽにして見る」にふさわしいものとなっている。
何台もの車が登場し、激しくぶつかり合うという、今やなかなかお目にかかれないスリル満点の演出。他バラエティとは一線を画した挑戦的で新しい、自動車ファンも必見の構成だ。

豪華すぎる出演者!初登場の浜田雅功vs千原ジュニア

Amazonオリジナル番組にダウンタウンの浜田雅功が、遂に登場!
芸人、レーサー、ミュージシャン、アイドル、俳優、そしてプロレスラーまで、各界のそうそうたるメンバー総勢18名が出演し、浜田雅功率いる浜田軍と、千原ジュニア率いるジュニア軍とに分かれ、しのぎを削り合う。

amazon3

激しいアクションはもちろんだが、本作は出演者の豪華さもポイントなのだ。

さらに注目すべきは、「自動車合戦バラエティ」の名にふさわしく、現役のレーサーが出演しているということ。
浜田軍メンバーの脇阪寿一氏は、「本作品の見どころは?」という我々の質問に対し、「冷静にクルマを操る他の出演者の方々とは違うプロのレーシングドライバーの手捌き、足捌きをご覧ください。また、クルマをなるべく壊さず迫力ある映像を心がけました」とコメント。

車を愛するレーサーならではの、当時の意気込みと見どころを話した。

さらに、ジュニア軍に属するタレントの南明奈氏は、「絶対今の地上波では出来ない企画だなと思いました。車関係の仕事はたくさんやらせていただきましたが、今までにやったことのない内容でわくわくしました!」とコメント。
実は南氏、大の車好きとして知られており、カートレースにも出場するなど、芸能界屈指のレーサーなのだ。

気になる番組の出来についてだが、10月6日の配信に先がけて第1話を視聴した私が、『戦闘車』の中でも特に「頭を空っぽに出来るシーン」を抜粋し、ご紹介したいと思う。

「頭を空っぽにしたい」人集合!なんでもありの設定とアクションに夢中

[1]やたら豪華な“戦闘車”

各チームにそれぞれ8台の車が登場するのだが、その車がどれも名車揃いなのだ。

amazon4(ジュニア軍 板倉俊之(インパルス)とメルセデス・ベンツS320)

ジュニア軍板倉氏が乗る「メルセデス・ベンツS320(新車価格約1000万円)」や、ミュージシャン・松岡充氏の「ジャガーXJエグゼクティブ(新車価格約800万円)」など、車に詳しくない人間でも思わず、「すごいな……」と呟いてしまうほどの名車・高級車揃い。
また、国産カーである「日産ローレル2000SGX」や、懐かしの「トヨタ セルシオ」など、車好きなら唸ってしまうような日本の名車も登場。

これだけ分かりやすい豪華な車が揃っていて、かつそれらが激しく壊されるとなると、普段の生活では感じることが出来ないような爽快感が得られることは必至だ。

[2]暴言・罵倒とにかく“なんでもあり”

この番組、地上波での放送ではないということで、とにかく“なんでもあり”。
昨年芸能界に復帰し、話題の人物となった極楽とんぼの山本氏への痛烈なイジリや、芸人同士の罵倒、とにかく雑な出演者の演技など、変に作り込まれていないからこそかもし出される空気感が、むしろ“ちょうどいい”のだ。

amazon5

頭を空っぽにしたい時こそ、本作のような「少し雑だけど、とにかくなんでもありの面白い作品」がぴったりだろう。

[3]ありそうでなかった!“分かりやすい×激しい試合”

本作では戦闘車を使った4つの試合が行われた。

そのうち第1話には、第1試合「寸止めの関」が収録されている。

その内容は、至ってシンプル。
浜田軍、ジュニア軍、両チームの戦闘車が壁に向かって速度40キロ以上で走り、ラインを越えたところでブレーキを踏み、より壁ギリギリで止まることが出来たチームが勝利となるというものだ。

amazon6

一見、よく見る内容のようにも感じるが、最近の地上波ではこういった、シンプルなのにコストをかけているという番組を見ることはなかなか出来ないため、まさに“ありそうでなかった”番組なのである。

ギリギリで止まる車もあれば、壁を突き破り崖に落ちて行ったり、まさかの走行中に相手車に激突していく車もあったり……。

ルールが簡単な分、見ている側はひたすらに“激しいアクション”と“勝敗”だけに集中することが出来るので、いつの間にか頭の中が空っぽになっているのである。

浜田氏も絶賛「心の底から楽しんだ」

とはいえ、これだけたくさんの車を爆破したり壊したり……。
繰り返しになるが、こういった演出は、現在の地上波の番組では実現することがなかなか難しい。しかし、地上波のような厳しい規制を受けない媒体であるAmazonプライム・ビデオだからこそ、こうした規制にとらわれない作品を作ることが出来たのだ。

出演の浜田氏は本作に対し、「バブル時代、テレビが元気な時でも出来なかったようなすごいスケールでの撮影でした。出演者全員が心の底から楽しんでいた。特に男はテンションが上がっていたと思いますよ」とコメント。
テレビ全盛期のトップをけん引してきた浜田氏だからこそ、現代によみがえった本作のような激しい番組への思い入れも強いのだろう。

年会費3,900円、月額にして325円相当、あるいは月額400円(税込)という価格で大量の動画が見放題であるAmazonプライム・ビデオ。
『戦闘車』は、既存のプライム会員であれば今すぐ無料で、まだ会員登録をしていない方でも、なんと30日間無料トライアル視聴が可能だ。
全5話、毎週金曜日1話ずつの配信となっている。

「今すぐ頭を空っぽにしたい!」この番組の魅力を知れば、そんな欲求にかられてしまうはず。
ぜひ10月6日の配信を楽しみにしていてほしい。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
Amazon プライム・ビデオ

戦闘車

今、あなたにオススメ
PAGE TOP