Social Trend News

01

更新

大掃除から解放!やりたくない場所1位の「換気扇」は“自動洗浄”する時代に!?

提供:クリナップ

ソーシャルトレンドニュース編集部

Creator

ソーシャルトレンドニュース編集部

Read more

Share!!

大掃除・帰省・年賀状作り……年末は仕事も家庭も大忙し! おせちは作らず購入したり、年賀状をSNSで済ませたりと、年末の過ごし方が変化する今。世間で広がりつつある“働き方改革”が、家庭でも起きているのだとか!?

加速する家庭の“働き方改革”

大掃除は「時短・省力化」の時代に!

20~60代 既婚女性 500名を対象にした「年末の家仕事」に関する調査によると、「年末にやることを減らすために工夫していることはありますか?」という質問では、なんと半数以上(52%)が「ある」と回答。

特に、時間も労力もかかる「大掃除」に関しては、57%と6割近くが「時短や省力化を意識している」という回答がありました。

02

時短・省力化の具体的な方法としては、年末の忙しい時期を避ける、年数回に分けて行うといった「タイミングの工夫」が72%と最も多くあがりました。

さらに、ロボット掃除機や、自動内部掃除機能がついた家電などの「自動掃除家電の活用」をしたいという声が、4人に1人(25%)あがったことも注目ポイント。

タイミングの「分散化」だけでなく、家電による「自動化」を取り入れることで、賢く時短・省力化につなげたいと考えている人が多いようです。

「自分でやりたくない」1位は換気扇の掃除

そんな大掃除の中でも“自分でやりたくない場所”は、「窓・網戸」「エアコン」を抑え、「レンジフード/換気扇」(78%)が1位という結果に!

03

コメントの中には、「高い位置なので踏み台、油汚れなので雑巾、新聞紙、洗剤、バケツと揃えるものが多くて大変」(64歳)、「クレンザーでゴシゴシ磨くと手が荒れるうえに、キッチンのシンクまで汚れる」(45歳)といった主婦のホンネが……!

1年分のガンコな油汚れがこびりつく換気扇は、主婦たちにとって、大掃除の敵といっても過言ではないのかもしれません。

[調査概要]
調査名:「年末の家仕事」に関する調査
調査対象:20~60代 既婚女性 500名(年代別均等割付)
調査期間:2019年10月16日~17日
調査方法:インターネット調査

換気扇の大掃除にも、「自動化」の波!

パーツを分解して、つけ置きして、こすり洗い……換気扇の大掃除は、かなり時間も手間もかかりますよね。

そんな悩める多くの主婦を救う、まるごと内部を自動洗浄してくれるという、夢のような換気扇があるのだとか!?

それが、クリナップが販売する『洗エールレンジフード』!

04

お掃除の時期をランプで知らせてくれ、コップ3杯分のお湯を注いでボタンを押すだけで、大がかりな換気扇の大掃除が、たった10分で完了しちゃうんだとか。

10分で終わる簡単“大掃除”とは!?

そんな『洗エールレンジフード』を体験すべく、クリナップのショールームにお邪魔してきました!

05

▲今回体験する、『洗エールレンジフード』

とてもスタイリッシュなデザインで、操作するボタン部分もシンプル。自宅にあるのが古い換気扇のため、こんなにモダンなデザインの換気扇はなんだか新鮮です……!

早速、この『洗エールレンジフード』の実演機で「自動洗浄」を体験してみることに。

06

まず、レンジフード下部分のフタを開けると、白・水色のトレーが2つ入っています。

07

左側の白いトレーを取り出し、そこにコップ3杯分のお湯を入れていきます。

08

お湯を入れたトレーをもとの場所に戻したら、「洗浄」ボタンを長押し。洗浄中のランプがつきました。

09

ランプがつくと、静かに洗浄が開始されました!

洗剤や掃除道具がいらない“準備の手軽さ”や、手を汚すことがない“快適さ”はもちろんですが、筆者が一番感動したのは、洗浄中の“音の静かさ”!

洗浄中でもお湯が流れる音がわずかに聞こえるだけなので、これなら夜でも、思い立ったときにすぐお掃除することができそうです……!

ボタンを押してから約10分後。「終了」ランプが表示されました。なんと、これでお掃除は終わり!

10

「トレーを取り出す」「お湯を入れる」「ボタンを押す」、この超カンタン3ステップで、換気扇の大掃除が完了してしまいました♪

油・ホコリ等の汚れは、最初に右側にセットされていた水色のトレーに排出されるので、あとはお湯を捨ててトレーを洗うだけ。乾燥は自動で行ってくれます。

なぜ“お湯だけ”で汚れが落ちるの?

「お湯だけで、どうしてガンコな換気扇の汚れが落ちるの……?」と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この『洗エールレンジフード』は、まず内部のお湯で「浸け置き洗い」で汚れを柔らかくし、落としやすくしていく作業から始まります。

11

その後、お湯を掻き揚げる「クイック洗浄」で、換気扇のフィルターとファンを一体化した「ファンフィルター」が回転・停止しながら、水流の刺激を与えて汚れをはがしていくんです。

これまでの大掃除で行っていた、時間のかかる換気扇の「浸け置き」洗いや、腕が疲れる「こすり洗い」などの役割を代わりに機械がしっかりこなしてくれる、優れものなんです!

小まめな洗浄で、大掃除から解放!

ついつい年末まで放置してしまい、ガンコな油汚れに……となりがちな換気扇。ですが『洗エールレンジフード』は、約2か月に1度お掃除のタイミングをお知らせランプが知らせてくれるので、汚れが固まる前に自動洗浄ができます。

つまり、いつもキレイを保つことで、換気扇の大掃除そのものから解放してくれるんです……!

忙しい年末、特に時間や手間がかかるキッチンの大掃除がラクになったら、とても助かりますよね。

変わっていく、これからの大掃除

今回ご紹介したような大掃除の自動化は、どんどん主流になりつつあります。

年末は、家族とゆっくりすごせる貴重な時間。大掃除シーズンに向けて、まずは換気扇から、「改革」を検討してみてはいかがでしょうか?

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
クリナップ

洗エールレンジフード

PAGE TOP