Social Trend News

catch

更新

「まさに好きな味」「手が止まらない!」休憩タイムに最適!“最新かりんとう”が凄い

提供:三幸製菓

ソーシャルトレンドニュース編集部

Creator

ソーシャルトレンドニュース編集部

Read more

Share!!

かりんとうといえば、「昔懐かしいおやつのイメージ」という方が多いはず。
そんな考えが180度変わるような、これまでのかりんとうのイメージを覆す商品が発売されていることを、あなたはご存じでしょうか?

超新感覚!ツボを押さえた最新かりんとう

そんな最新かりんとうを開発・販売しているのが、三幸製菓。
現代人のツボを押さえた、斬新なラインアップが取り揃えられています!

『かりかりツイスト キャラメル』『かりかりツイスト チーズ』

従来のかりんとうよりも、カリッと堅めの食感になった『かりかりツイスト』シリーズは、「キャラメル」と「チーズ」といった、大人が楽しめる贅沢な2種類のラインアップ。

01

『ミックスかりんとう』

甘いもの好きにはたまらない「黒糖」「ミルク」「アーモンド」の、3つの味わいが組み合わさった『ミックスかりんとう』は、食べやすさにもひと工夫が。
食べきりパックの小分け包装に加え、ひとくちサイズで手が汚れにくく、毎日のおやつにぴったりです。

02

『2種の芋かりんとう』

ほどよい硬さで食べやすい『2種の芋かりんとう』は、やさしい甘さに仕上げたざらめ味と、黒ごまをまぶして甘じょっぱい味わいに仕上げた甘じょうゆ味の2種類が一度に楽しめます。
『ミックスかりんとう』と同様の食べきりパックで、さつま芋好きにはたまらないおいしさです。

03

かりんとう好きによる試食会を実施♪

「実際、どんな味?」「普通のかりんとうと、どう違うの?」
謎多き最新かりんとうの実態を探るべく、かりんとうが大好きで日ごろからよく食べているという3名の女性たちに集まってもらい、試食会を実施しました!

04

▲左から、あずささん、ちづさん、さやかさん

それぞれの「かりんとうの楽しみ方」

ちづさん「かりんとうは小さいころからずっと好きなお菓子です。今はコーヒーのお供として欠かせなくなっています」

さやかさん「わかります! 仕事の合間やリラックスタイムにも最適ですよね」

あずささん「私は、冷蔵庫で冷やして、さらにかりっとした食感にさせるのがお気に入りの食べ方です」

職場や女子会で!いろいろなシーンで食べたい♪

さやかさん「3種類の味がある『ミックスかりんとう』は、色んなおいしさが楽しめてついつい手が伸びちゃいますね。とくに、かりっとした食感のアーモンドが私のお気に入りです」

05

ちづさん「形が丸くなっているので、カバンの中に入れても形が崩れなくて持ち運びにもよいですね! 大きさもちょうどよくて、職場でのおやつとしても食べやすそうです」

あずささん「わたしは、さつま芋が好きなので『2種の芋かりんとう』がとっても気に入りました! やさしい甘さのざらめ味と、少ししょっぱさのある甘じょうゆ味が一緒に袋に入っていて手が止まりません!」

06

ちづさん「いろいろな味わいがあるから、女子会に持って行っても喜んでもらえそうですよ」

大人が楽しめる本格的な味わいも!

ちづさん「『かりかりツイスト』シリーズは、良い意味でかりんとうとは思えない高級感のあるパッケージ!」

あずささん「チーズ味はちょっぴり甘さがあると思いきや、本格的なしょっぱさのあるチーズの味わいで驚きました。まさに、おつまみにぴったりといった感じです」

07

さやかさん「キャラメルは袋を開けた瞬間から良い香り! 堅めのかりっとした食感と濃厚な味わいのコンビネーションが今までにない感覚です。お茶うけとしてもよいのではないでしょうか?」

08

ちづさん「チーズ味とキャラメル味を交互に食べるのもいいですね。本当に、手が止まらなくなっちゃいそうです!」

あずささん「三幸製菓の商品を食べてみて、ガラッとかりんとうのイメージが変わりました。色んな味付けのかりんとうの中から、自分や家族の好きな商品を選べるって、なんだか新鮮な感じです」

Twitterのキャンペーンには9,864名の応募が!

大好評の三幸製菓の最新かりんとう。先日Twitterでは、好きな男性のタイプに例えられた4種の最新かりんとうに投票を行う「#こんなカレがすき」キャンペーンが行われ、計9,864名の方の応募があったそうです!

応募数の多さから、最新かりんとうへの注目度の高さがうかがえますね。

かりんとうの可能性を広げる三幸製菓

女性心をくすぐる味付けや、食べきりサイズの個包装など……様々な工夫を凝らしながら、現代人の心を掴む商品を展開している三幸製菓。
あなたも、仕事の合間の休憩タイムや、お酒のお供など、新たなかりんとうの楽しみ方を体験してみてはいかがですか?

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
三幸製菓

かりんとう商品ページ

PAGE TOP