LINE世代は本当にコミュ力が低いのか

LINE、Facebookなど、SNSの使用率が高まっている現代、それに伴い、必要とされるコミュニケーション能力も多岐に渡るものとなっています。「その日におこなった、コミュニケーションのほとんどがネット上だった」なんて人も。

ですが、最近、自称“オトナ”な方々が「最近の若者はネットばかりしてきたせいで対人コミュニケーション能力が下がっている」「LINEの使い過ぎで言語能力が下がっている」などと口にする光景、よく見られますよね?
でも、本当にそうなのでしょうか?
本当に、最近の若者はコミュニケーション能力が下がっているのでしょうか?

私たち、ソーシャルトレンドニュースはそうは考えていません。
なぜなら、『コミュニケーションのスタイルが、昔とは違うものになってきている』
と考えているからです。

『21歳前後の大学生』をメインターゲットに据え、90年代前半生まれのライターたちを多く抱える、私たちソーシャルトレンドニュースは、これまでLINEを中心にSNSに関連した様々な話題をピックアップしてきました。

(1) 『Mix Channelの謎〜最近のリア充高校生カップルはラブラブ動画をネットにあげるってマジ!?〜』

(2) 『ブロックされた相手にLINEでメッセージを送りつける方法~サヨナラじゃない~』

(3) 『ついに発見!LINEグループのあかるい退会方法』

しかし、特に(3)の記事は、転載されたニコニコニュース上で「よくわからん」といった、コメントがよせられました。つまり、“伝わっていない”ということであり、はからずも、我々ソーシャルトレンドニュースに、コミュ力がないのではないか? という疑問が生じたわけです。

そこで、その記事を書いたライター・岡本と、編集長の霜田が、ニコニコ生放送にて顔出しで登場。謝罪も兼ねて、コミュニケーションについて考えていきたいと思います。

記事ではコミュ力がなかったかもしれない彼らは、話すとコミュ力はあるのでしょうか、そして、本当に、ネットでのコミュニケーションが主になっているLINE世代は、コミュ力がないのでしょうか?

題して
『オトナはわかってくれないね!SNS世代のコミュニケーション学』

好きな女のコの家に電話をしてお父様に取り次いでもらう怖さもギリギリ知っている世代の編集長・霜田明寛(29)と、デジタルネイティブ世代であるライター岡本拓(24)がSNSについて徹底的に語り合います!

【日時】
2015年2月24日 21:00~

【出演】
霜田明寛(ソーシャルトレンドニュース編集長)
岡本拓(ライター)

上記3つの記事内容から、LINEスタンプでの恋の発展の仕方まで、SNSでのコミュニケーションについて考えていきたいと思います。

スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちら
からご覧ください。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP