ドローン戦争映画2本を徹底比較『ドローン・オブ・ウォー』?『フル・コンタクト』

2015年、ドローン戦争映画が2本

第28回東京国際映画祭「コンペティション」部門に出品されている映画『フル・コンタクト』。ドローンを操縦するひとりの兵士が主人公だ。彼は戦地には赴かず、コンテナの中からドローンの遠隔操作によって異国での殺戮を行い……といったあらすじを追うと、どこかで聞いたような気が。そう、10月1日より日本で公開中の映画『ドローン・オブ・ウォー』と内容が類似しているのである。

【関連記事】組織の正義と個人の正義が相反したときどうするのか/映画『ドローン・オブ・ウォー』

子どもを殺してしまったことで、主人公が悩み始めるといった設定も同じ。もちろん、これは「パクリだ!」とかそういう話ではない。『ドローン・オブ・ウォー』はアメリカ、『フル・コンタクト』はオランダ・クロアチアの共同製作の映画であり、同時期に、同じ問題を取り上げる映画が2つできるほど、この問題が大きな社会問題だった、と考えるほうが自然だろう。

仕事がうまくいかなかったとき、どう行動するかで分かれる2本

仕事でうまくいかなくて女に逃げる、というのはよくあるパターンで『フル・コンタクト』では、その方式で主人公は逃避をはかる。
しかし『ドローン・オブ・ウォー』では、その逃げ道ができかけた瞬間、主人公が自らで、その道を断つのである。そして、再び仕事に向き合った結果、ラストは一筋の希望の光りが見える……のはこの記事でも紹介した通り。

『フル・コンタクト』では、精神的なものも含めたその仕事からの逃亡の様子を描くが、大きな解決は示されないままだ。結局、仕事に戻るシーンもない。もちろん、個人の力で解決できない問題であるからこそ、このような社会性の高い映画作品のテーマと成り得るのだが、個人の抵抗が描かれる『ドローン・オブ・ウォー』に比べると、いささかの物足りなさは否めない。

というか、『フル・コンタクト』は『ドローン・オブ・ウォー』に比べて、格段に仕事をするシーンが少ない。対局にありそうな日本のポップな映画の代表格『モテキ』ですら、主人公が再びヒロインに振り向いてもらう前にとった行動は“仕事をする”である。

“大きな体制に戦おうとする個人”を描くからこそ物語になる

ドローンによる遠隔殺人がおこなわれているという事実を前に、確かに一個人にできることなど、小さなことかもしれない。しかし、それでも“大きな体制に戦おうとする個人”を描くからこそ物語足りうるのではないだろうか。

仕事の悩みは仕事で解決するしかない。戦争映画であるということを抜きに、自分たちの生きる世界のレベルで考えてみても、2作品を比較すると、そんな当たり前のことが見えてくる。

(文:霜田明寛)

【関連リンク】
チェリーボーイズが行く東京国際映画祭
http://social-trend.jp/cherryboys/

『フル・コンタクト』東京国際映画祭作品ページ

【作品情報】
タイトル :フル・コンタクト
スタッフ:監督/脚本 : ダビッド・フェルベーク
キャスト:グレゴワール・コラン
リジー・ブロシュレ
スリマヌ・ダジ

© Lemming Film 2015
105分 英語、フランス語 カラー | 2015年 オランダ=クロアチア | 

【東京国際映画祭関連記事】
新歓で1女を狙う学生はこれを観て反省しろ! 石井杏奈出演『スプリング、ハズ、カム』
主演も怖くて観られない! 竹内結子、橋本愛『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』
Perfume映画監督が語る3人の素顔「まるで一歩一歩進んできた木彫り職人」

今、あなたにオススメ
PAGE TOP