主演も怖くて観られない! 竹内結子、橋本愛『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』

第28回東京国際映画祭に設けられている「コンペティション」部門。
傑出した作品をピックアップするこの「コンペティション」部門に、日本から3作品が選出された。そのうちの1つが中村義洋監督の『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』だ。

10月25日(日)、東京国際映画祭にて本作の上映が行われ、中村義洋監督、出演者の竹内結子、橋本愛の3名が舞台挨拶に登壇した。

この日司会も務めた東京国際映画祭プログラミングディレクターの矢田部吉彦は、本作の試写会で「キャー! 怖い!」という声を聞き、振り返ると主演の竹内結子だったというこぼれ話を披露。竹内結子によると主演にも関わらず、本作が怖すぎて、試写会を途中で抜け出してしまったんだとか。

「そんなに怖がりなのに、演じる上では大丈夫でしたか?」という質問をされると、竹内結子からは「私の役は傍観者のような立ち位置だったので、大丈夫でした(笑)」と回答が。会場に笑いを誘った。

次に橋本愛に対しては、“住んでいる家に心霊現象が起きる”というストーリーにちなんで、「撮影中、家に帰るのが怖かったりしませんでした?」という質問がされた。橋本愛はそれに対して「撮影中に帰宅したら、家のガスがつけっぱなしだった時の方が怖かったです」と答え、控えめな笑顔をのぞかせた。

中村義洋監督は、「恐怖を演出する上で気を使ったところは?」という質問に対して、「まず話をいただいた時に考えたのは、スタッフに暗い性格の人間を集めるということでした」答え、中村義洋監督流のホラーへの気構えを教えてくれた。

IMG_8213
「“暗いスタッフ”と仰いますけど、みなさん明るかったですよ」と竹内結子がツッコミを入れた上で、「でも現場の照明はいつも暗かったと思います。薄暗い中でみなさんとお菓子の交換しました(笑)」とかわいらしいエピソードを披露。

最後に中村義洋監督は「こんないい天気なのにこんな暗いところ(本作の上映)に来てくださってありがとうございます。何も考えなくてもガツンと心に来ると思いますんで、楽しんでください!」と語り、本作への自信をのぞかせた。

あらすじ

31
第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』『十二国記』シリーズ)の小説『残穢(ざんえ)』を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化。
予定調和を許さない予想外のラストまで、かた時も目が離せない。小野自身を彷彿とさせる主人公“私”には、人気実力派女優の竹内結子。
“私”とともに調査を重ねる“久保さん”には、神秘的な魅力を放つ女優の橋本愛。初共演のふたりに加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。ここに、いまだかつて見たことのない、戦慄のリアルミステリーが誕生した。

中村義洋ワールド×小野ホラーが生んだ傑作

IMG_8245
本作は怪奇現象の元となる大昔の事件を次々とたどっていく傑作。ホラー映画だが、中村義洋監督らしく交錯するストーリーにも関わらず、話が追いやすく、登場人物は愛着がもてるキャラクターばかりだった。
中村義洋ワールドに“恐怖”という魅惑の色が加わった『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、東京国際映画祭にて10月27日、29日に上映。
軽_98R4542
(文:小峰克彦)

【関連リンク】
チェリーボーイズが行く東京国際映画祭
http://social-trend.jp/cherryboys/

『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』東京国際映画祭作品ページ

©2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
107分 日本語 カラー | 2015年 日本 | 配給:松竹株式会社

【東京国際映画祭関連記事】
新歓で1女を狙う学生はこれを観て反省しろ! 石井杏奈出演『スプリング、ハズ、カム』
ドローン戦争映画2本を徹底比較『ドローン・オブ・ウォー』✕『フル・コンタクト』
実話ベースの映画『地雷と少年兵』が教えてくれる「くくる」ことで見えなくなるもの

今、あなたにオススメ
PAGE TOP