間宮祥太朗、男同士はアリでも「池田純矢はタイプじゃない」ライチ☆光クラブイベント

2月13日(土)より、ついに公開となった映画『ライチ☆光クラブ』。
原作はカルト的人気を誇る鬼才漫画家・古屋兎丸のロングセラーコミックだ。
公開直後より大きな反響を得ており、2月27日(土)からは全国拡大公開を控える。

そんな中、2月21日(日)には大ヒット御礼イベントとして、原作者・古屋兎丸さん、ジャイボ役の間宮祥太朗さん、ニコ役の池田純矢さんの三名が、ティーチイン形式でトークショーに登場した。

ts09

上映後に行われたイベントなだけあって、ネタバレを気にしない、終始ラフな雰囲気。
古屋兎丸さんの登壇はもちろん、映画では絡みのシーンが少なかったジャイボとニコの組み合わせも珍しく、他のイベントやインタビューでは聞けなかった新鮮な内容が繰り広げられた。

※本記事は映画のネタバレを含む内容となりますので、以下からはネタバレを気にしない方のみご覧ください!

古川雄輝の代役!?池田純矢流ファンサービス

満員の観客からの大きな拍手に迎えられた三名。

マイクを渡された池田純矢さんが何かを企んだような顔つきになったかと思うと……。
「おはよう……廃墟の恋人たち。ゼラ役を演じました古川雄輝です」
と、この日は参加しなかった古川雄輝さんになり切った挨拶を披露。

ts01

これまで行われた舞台挨拶では古川雄輝さんの“ゼラ挨拶”が定番化しており、ファンにとってひとつの楽しみと化していたことから、古川雄輝さんとも仲がいいという池田純矢流のファンサービスだったのだろう。
イベント冒頭から、会場は大きな笑いに包まれた。

ニコ、衝撃の眼球ぶっ刺しシーン裏のトリック

観客からの「撮影は大変なものばかりだったと思うが、映像を見たら、撮影時よりも良く感じたシーンはありますか?」という質問に対して、間宮祥太朗さんは意外にも「実は僕は、あまり撮影は大変じゃなかった」と回答。
「みんな最後はぞくぞくと死んでいきますが、寒い中、血糊をいっぱい浴びて転がっていなきゃいけないので、ガタガタ震えて大変だったと思うんです。
でも僕はペシャンコになって跡形もなくなるので、血糊もつけずに“おつかれさまでした~”といった感じで撮影が終わってしまって(笑)。
大変ではなかったんですけど、映像で見るとスゴイことになっていたので、“あ、こうなるんだ!”という感動がありましたね」

ts10

一方、池田純矢さんは“ニコが右眼を失うシーン”を挙げた。ニコの右眼は“ライチ”の右眼でもあり、まっすぐすぎる忠誠心を最も表す、重要なシーンだ。
「眼球をフォークで刺して、血がビャーッと飛びだすっていうあのシーンは、ワンカットで撮っているんです」

ts04

「ちょっとした裏話をすると、柄だけのフォークの下に、血糊をふくんだスポンジを持っているんです。
それを柔らかく持った状態で、ドスッと眼球に刺すところから始まるんですね。“ギャアアアア”と叫んでいる最中にカメラが近寄ってきて……。でも僕はカメラ側を手で隠しているので見えないんですけど、だいたい自分に寄り切ったかな、というところで手をぎゅううっと絞る。すると血糊がぶしゅぶしゅぶしゅと出てくるという……そういう方式になっているんですけれども。
でもこれをワンカットで撮るというのはなかなか難しくて……衣装も替えがないので一発OKにしなくてはいけなかったんです。
プレッシャーの中での撮影でしたけど、実際に映像で見たら“なるほど、素晴らしい映像になっているな”と、満足しております」

間宮祥太朗、男同士のスキンシップは抵抗ないが「池田純矢はタイプじゃない」

「間宮さん自身とジャイボは、似ているところはあるか?」という質問には、「似ているところ……男同士のスキンシップが好きなところ」という、会場が一瞬どよめくような告白。

それに対し、池田純矢さんが「何回か襲われましたもん!」と、胸元あたりを隠して警戒する姿勢をとるも、「いや、僕ね。純矢くんのことは、全くタイプではないんですけどね。触った覚えもございませんし」と一蹴する場面もあった。

ts03

「僕自身は恋愛とか、愛情というものに対して独占欲とかがないほうなので、ジャイボのことは理解しつつも、自分の中にはない感情をたくさん持っている人間だなと思いました。ある意味羨ましくも思いますけどね」

※その“執着のなさ”についてはこちらのインタビュー記事でも語っていただいています。
男も憧れるイケメン・間宮祥太朗の魅力と、ジェンダーフリーな役を演じるための心得

間宮祥太朗が語る、古川雄輝の魅力は「声」

「古川さんとの“お戯れ”が印象的だったが、どんな時にドキッとしたか?」と、本作で最も話題になっているシーンである“ゼラとジャイボの濡れ場”についての質問も飛んだ。

「僕が古川くんの一番好きなポイントが“声”なんです。“弦楽器を鳴らしてるんですか”っていう感じで……。上品で、ゼラをやっている時は冷たさもあって、すごく素敵な声をしている。そんな声を、この距離で聞けるっていう贅沢! それはすごく感じましたね」

ts02

「耳元で“お前は少女のように美しい……”と言われるので、ゾクゾクッときました」と、池田純矢さんを相手に、ゼラとジャイボの距離感を再現。

ts11

突然の出来事に、観客はもちろん、池田純矢さんも驚きを隠せない様子だった。

ニコとジャイボがお互い役を交換!寸劇を披露

「ふざけた質問ある人!」というオーダーに挙手をした観客からは、「ジャイボとニコのセリフで、古屋さんがお気に入りのものを、今この場でやってお二人に再現してほしい」という、もはや質問ではない、リクエストが飛んだ。
しかしこれには他の観客も「ぜひ!」とばかりに大きな拍手を送り、応えざるを得ない状況に。

まずはジャイボのセレクトを任された古屋兎丸さんは「でもジャイボは、どのセリフも素の状態でやるのは恥ずかしいよね……?」と、間宮さんを気遣い、やや躊躇気味。
すると「じゃあ、僕がやりますよ!」と切り込んできたのは、池田純矢さん。
まさかのニコ役・ジャイボ役の入れ替えが実現することに!

池田純矢が演じる“ジャイボ”

まず池田純矢さんは、例の“ゼラとジャイボの濡れ場”より、ジャイボが上目づかいでゼラの顔をのぞきこむシーンを、椅子を使って再現。

ts06

ts07

きっちり笑いを取りに行った池田純矢さん。
ジャイボらしい“少女のような艶っぽさ”は皆無で、むしろ正反対の“むっつりスケベのいやらしさ”を全力で演じ、周りからは「これはミスキャストだよね」とツッコまれていた。

せっかくイケメンなのにもったいない……という気がしつつも、その場を明るく盛り上げようとするサービス精神がここでも感じられ、むしろ好感度はさらに高まった。

間宮祥太朗が演じる“ニコ”

一方の間宮祥太朗さんは、“ゼラに肩を叩かれてハニかむニコ”を演じることに。
池田純矢さんがゼラ役となり「やはり君をアインツ(※ドイツ語で1番)にして正解だったよ」と声をかけながら肩を叩くと……。

ts08

威勢よく「あとぅーーーーーす!」と答える間宮祥太朗さん。

ニコの真面目さと比べると軽い返し方な気もするが、体育会系な男らしさという点では、ニコと共通する部分も感じられた……気もする。

作中では見られない貴重な入れ替え寸劇に、観客からも「いいものを見た!」という満足感が伝わってきた。

原作者・古屋兎丸から見た映画「ライチ☆光クラブ」の評価

原作ファンだという観客からは、古屋兎丸さんに向けて「漫画とは違う設定のシーンがあったが、その点をどのように思うか?」という質問も投げかけられた。

ts12

「映画を作るのは、漫画を作るのと全然違ったリアリティが必要なんだと思います。
例えば漫画に出てくる“パチンコ”では人の額を打ちぬくことはできない。だからああいう武器になったと思いますし。便器で人を貫通しようと思ったら、実際、新幹線くらいの速度でつっこまないとだと思うんですよね。でもそのくらいの速度があったら、穴が開く前に吹き飛んでしまいますし……。
そういう意味で、映画にするためのいろんな苦心を、内藤監督はされていたと思います。2時間弱の尺ですから、泣く泣くカットしたシーンもあると思いますし。
でも(完成した映画を見て)、大変満足していますよ。
最初の『東京グランギニョル』の演劇、僕の漫画、次の演劇、演劇……そして映画と、全部違うんですよ。でも全部いい、と僕は思っています」と、原作漫画との違いも、映画ならではの描き方として評価した。

大ヒット公開中!2月27日(土)より全国拡大公開!

ts13

珍しい組み合わせから生まれた“ここでしか見られない”お得感満載な内容となった今回のイベント。
あっという間に終了の時間となり、池田純矢さんが「エーーー!」と終わりを惜しむと、司会から「我慢しなさい!」とたしなめられる、という、お茶目なやりとりでトークは締めくくられた。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

『ライチ☆光クラブ』
大ヒット公開中!2月27日(土)より全国拡大公開!
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

主演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音
監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)
配給・宣伝:日活  制作:マーブルフィルム
公式HP:http://litchi-movie.com/

今、あなたにオススメ
PAGE TOP