Social Trend News

更新

「歯みがき感覚でいい」人気YouTuberに聞いた、メンズコスメ市場のイマ

ソーシャルトレンドニュース編集部

Creator

ソーシャルトレンドニュース編集部

Read more

Share!!

「最初はYouTubeって知らなかったし、今も編集はあまり得意ではない」

笑顔でそう話すのは、今やチャンネル登録者数74,000人を超える人気YouTuberの「かずえちゃん」。自身もカミングアウトし、LGBTQをメインテーマに発信しています。普段、どんな思いで発信をしているのか聞いてみました。

「これでいい」自分を肯定できるコンテンツを

かずえちゃん:「YouTubeを始めた理由は、『LGBTQって特別なことじゃなくて、もっと身近にいるよ』っていうのを伝えたかったから。

もう一つは、僕が学生の頃と同じように、『他の人と違う』ということで悩んでいる若い子たちが『これでいいんだ』って自己肯定できるものを作りたかったんです

――ご自身の若い頃は、自己肯定することが難しかったのでしょうか?

かずえちゃん:「特に否定されたことはなかったけど、肯定もされなかった。周囲と違うことがずっと怖かったし、誰にも言えなかったですね。それは出身地の影響も大きいかなと。僕は福井出身で、30歳まで地元にいたんですが、すごく閉鎖された社会だったんですよね」

――地元のLGBTQへの理解度はいかがでしょうか。

かずえちゃん:「何かの調査で『家族の中や友達に同性愛者がいたら嫌悪感を持つ』という項目のワースト1・2・3位をとったのが北陸三県だったそうなんです。田舎だから、新しいもの、自分と違う人を受け入れられないというのはあるのかもしれません。でも僕自身が地元で嫌な思いをしたかというとそんなことはなくて、知らないから……というのが大きいのかなと」

――今後も絶対に受け入れないわけではなく、わからないからとりあえず線引きをしている、と?

かずえちゃん:「そういうことって、セクシャリティに限らずいろいろありますよね。僕は時々メンズスキンケアについても動画で発信しているんですが、これも“知らないからわからない、できないこと”のひとつなんじゃないかなって思うんです

男性/女性で分けることの意味とは?

――メンズスキンケアの動画は、どういった反響がありましたか?
 

かずえちゃん:「やっぱりまだスキンケア=女性っていう意識がみなさんあるみたいです。でも僕のゲイの友達たちは全然違っていて、大体スキンケアの話ばっかりしてるんですよね。『あれがよかった』っていう話をしょっちゅうしている。

僕はその中にいるから当たり前に思っていたけど、初めてスキンケアの動画をあげた時は、『男の人でもスキンケアをするんですね』みたいな反応が多かったですね。意外と男の人ってまだそこに抵抗があったり、何を使っていいかわからなかったりっていう人がたくさんいるんだなってすごく感じました

――かずえちゃんご自身も美意識が高い印象です。

かずえちゃん:「いつまでも輝いていたいって思いがあるからかもですね。やっぱり歳を重ねてくると、何もせずに若い時のままっていう風にはいかないじゃない? いつまでも魅力的に思われるためには、きちんとケアしていかないと。それは男性も女性も関係なく、身だしなみのひとつとして、毎日の歯みがきくらいの感覚でやれたほうがいいと思うんですよね

――確かに。清潔でいたいという意識を思えば、スキンケアは女性だけでなく、身だしなみのひとつとして男性が取り入れてもおかしくないですよね。

とはいえ女性向けの化粧品売り場が大半を占めますし、男性からすると手を出しづらいというのはあるかもしれません。

かずえちゃん:「そうですね。この前、洋服を買いに行った時にメンズフロアとレディースフロアが分かれていたんです。僕はレディースもよく見るんですが、『この人何でレディースフロアにいるんだろう』っていう不思議な目で見られることがあります。自分が気にしなくても、まだ周りからみると気になるのかもしれません。でもレディースでもいいものがたくさんあるし、ファッションも別にそんなにくっきり分けなくてもいいんじゃないかなって思うんです」

――お洒落のような個人の嗜好が表れるものは性別で区切らず、グラデーション化していくといいですよね。

かずえちゃん:「ね。中には機能的に分けなきゃ困るものもあるけど、お洒落は好きなものを取り入れていいと思うから、性別できっぱり分けなくてもいいと思うんです」

かずえちゃん:「でも一方で、スキンケアのような女性のイメージが強い分野は、“メンズ”と名がつくことで最初は手に取りやすいという効果があるのかも。自分の肌に合うなら女性ものを使ったっていいじゃんと思うけど、周りのイメージを変えていくためには、最初はそうやって市場を作っていくのは大事かもしれないですね」

海外と違う、日本のメンズコスメ市場

――やっぱりまだまだ、メンズコスメは市場として小さいと感じますか?

かずえちゃん:「小さいですね。アイテム数が全然ないです。でも韓国や他の国に行くと、メンズコスメってとても多いんですよ。日本のメーカーも海外ではメンズラインを展開しているのに、国内では販売していない。それは『男性はそんなの必要ないでしょ?』、『え! そんなことしたら格好悪い』みたいに考えている人がまだまだ多いのかもしれません。やってもやらなくても自由。でももう少し、選択肢が増えたらいいなとは思いますね」

――メンズコスメでいうと、以前から『BOTCHAN』のアイテムを紹介されていますよね。

かずえちゃん:「BOTCHANは雑誌のタイアップ企画でお声がけしてもらって初めて知りましたが、使ってみたらすごく良かったんです! 値段が手頃っていうのがまずよくて。続けやすいですからね。僕が今の季節にメインで使っているのはローションと美容乳液ですが、敏感肌の僕でも使いやすかったし、大きさも旅行にちょうどよくって、重宝しています」

BOTCHAN FOREST TONER 化粧水150ml/¥2,000(税別)

BOTCHAN FLOWER MOISTURIZER 美容乳液100ml/¥2,300(税別)

かずえちゃん:「あと、夏場は肌補正クリームにかなり助けられましたね。僕、すごく肌がテカリやすいので、YouTubeの撮影前なんかにはよく塗っていました。BOTCHANに出会うまではこういうアイテムがあることを知らなかったし、どうテカリを抑えたらいいかわからなかった。僕みたいな人って、すごくいると思うな」

BOTCHAN SKIN PERFECTOR -MATTE- メンズ肌補正クリーム20g/¥2,300(税別)

――まさに先ほど話されていた、「受け入れられないわけじゃく、知らないからできなかっただけ」の一例ですね。

かずえちゃん:「そうそう! 知るだけで、全然違う」

LGBTQをベースに、好きなものを

――最後に、YouTubeで発信してよかったと思うことを教えてください。

かずえちゃん:「僕のYouTubeのテーマはLGBTQなんです。当事者の方々のインタビューを中心に国内外のLGBTQパレードやイベントに関する動画などを配信しています。YouTubeを通して、自分自身ができることを自分のやり方、自分のペースでやり続けていきたいと思っています」

かずえちゃん:「YouTubeの発信を始めて2年半くらいですが、最近は街で会った方に『これでいいんだと思った』、『少し希望が持てた』と言ってもらえることもあって、ああ、やっていてよかったなあと実感し始めているところですね」

「とりあえずやってみる」ところから

かずえちゃんがYouTubeを発信の場に選んだのは友人にすすめられたから(つまり、たまたま)で、動画のことは全くわらかないところからスタートしたとのこと。それでも無料アプリを手探りでいじってみるうちに編集技術を覚えていき、今も自分ひとりで編集しているそうです。

最初から拒絶せず、“とりあえずやってみる”精神で楽しむのは今回のインタビューでも感じられたかずえちゃんの素敵な部分。たくさんの「これでいい」が増えていけば、性別ではなく、個人の趣味で自然と物事を選択できる世の中になっていくのかもしれません。

(文:佐藤由紀奈)

今、あなたにおすすめ
PAGE TOP